BrainNET

檀家管理システム 菩提樹

「菩提樹」は、様々な寺院業務における檀家世帯の管理に威力を発揮できる無償のソフトウェアです。

■ 檀家管理システム『菩提樹』

 菩提樹は無償で利用できるMicrosoft Accessベースの檀家管理システムです。

 ※ 稼働するOS環境はWindowsXPからWindows8.1まで各種
 ※ Accessのバージョンは2007を推奨しています。
 ※ Access2013では動作しません。Access2007のRuntaime<無償>のインストールで動作します。

 ◎ 菩提樹の画面、帳票につきましてはこちらをご覧ください。画面・帳票のイメージ

 ◎ 菩提樹のインストール、初期設定につきましてはこちらをご覧ください。資料のページ

 ◎ 菩提樹の販売を希望される方はこちらへ。


■ 菩提樹が開発された経緯

 菩提樹の初版は、Windows95が発売された時代に東京文京区にあります臨済宗妙心寺派・白華山養源寺先代住職、(故)山田文雄氏のご指導の下作成されました。当時は、まだ貧弱なハードウェア環境と、脆弱なWindows95というOS配下での動作が条件であり、VB6.0を使用した画面機能と、Accessのデータベース+印刷機能を利用した構成でした。
 その後、Windows XPが普及する事に合わせて、開発形態をAccess+SQL Serverという現在の形に進化させてゆきました。


 菩提樹の大きな特徴は、大企業の基幹システムでも利用されているSQL Serverという本格的データベースとMicrosoft Officeファミリの構成要素でもあるAccessとを組み合わせた構成にあります。本格的データベースの利用はネットワークを経由した複雑な環境においても、十分な性能と安定性を発揮しています。また、WORDやEXCELというMicrosoft OfficeファミリがWindowsXPからWindows8に至るまでの各種OSで動作するように、菩提樹もそれは各種OS上で安定して動作します。
 これは広い境内の様々な場所で、時として異なる世代のOS・パソコンを使用しなければならない状況であっても、同じバージョンの菩提樹を利用できるというメリットを提供しています。

 その選択の効果は、近年話題となった「Windows XPのサポート終了問題」で確認されました。

 「菩提樹」はAccessを利用しており、単一モジュールでWindows XPからWindows8.1までの運用を可能にし、利用者が自分の希望に合わせてPC環境を選択できるようになっているのです。

※ 新たに追加された“接続先切り替えツール”の画面
ホストのデータベースに複数のPCを接続させた運用や、ローカルにデータベースを切り出した持ち出し運用可能などが可能です。


 現在「菩提樹」は無償提供されています。
 これは、初版の開発委託者であった養源寺先代住職(山田文雄氏)の意思に寄ります。お寺の住職が煩わされる、様々な寺院業務を単純化し、“より多くの時間を檀家様との時間に充てる事こそすべき事”であるとのお考えからです。
 「菩提樹」は、そうした理想を目的として、当社所在地(栃木県足利市)を中心に数ヶ寺の住職様にご支援を頂き、開発を継続しています。ご支援いただいているお寺様からは、定額の保守料を頂き日常業務をサポートさせて頂きながら、ご要望に合わせて「菩提樹」の機能追加・改造を行っています。
 機能追加・改造に際しては、若干の費用負担をいただく場合も有りますが、それらの成果物はすべて他の利用者に配布されます。また、協力寺院各位の支援により、当初確認された不具合なども解消され、様々な意見を頂き使い勝手も向上させ、多くの利用者に提供できるようになりました。
 このように「菩提樹」は、各寺院の業務やノウハウを集約しながら手作りされたシステムです。そして寺院業務の様々なノウハウを次世代に継承する為の媒体として今も磨き続けられております。

 尚、今回初版開発依頼元である白華山養源寺の当代住職・山田元文氏からのご依頼とご支援を頂き、Windows8.1での作動対応および、ネットワーク利用、更に屋外持ち出しの手続きに関する機能改善を実施出来ました。
 その結果、最新版では寺院内に限らず屋外、旅先、山奥など通信不能な場所であっても菩提樹の利用ができるようになりましたことをお伝えします。

※ 屋外持ち出し機能は、ノートパソコンやタブレット(Windows8.1Pro稼働)にデータをコピーして行います。クラウド運用では有りません。
※ 持ち出したデータをホストのデータと同期する機能は未提供です。

■ トピック

・ 取込み機能使用時の注意

 

取込み機能の利用には、処理中に使用される各種フォルダに対して、取込みを行おうとしているローカル端末のユーザーがアクセス権を有している必要が有ります。
【使用フォルダ】
① ホスト側のSQL Serverがホスト側のバックアップフォルダにアクセス可能である事。
② ホスト側のバックアップフォルダが共有設定されており、ローカルユーザーがアクセス可能である事。
③ ローカル側のSQL Serverがローカル側のバックアップフォルダにアクセス可能である事。

この注意は、WORKGROUPネットワークの場合に特に留意する必要があります。

※ 接続方式がWindows認証の場合とSQL Server認証の場合で動作が動作が異なります。SQL Server認証の場合には、インスタンスのログオンIDにアクセス権を付与します。
各フォルダにEveryone・フルアクセスの権限を付与する選択も有りますが、セキュリティ上好ましくは有りません。

・ 表示サイズの記録先を端末に変更しました

 

画面の表示領域を変更した場合、これまではシステム単位に記録していたため、他の端末で画面サイズを変更すると、別の端末を開いた際に予期せぬサイズとなりました。
今回、端末で画面の表示サイズを変更すると端末に記録するように変更したため、各端末ごとに設定値を保持できます。
また、再インストール時ログイン情報などが初期化される点も改めましたが、現在インストールされているモジュールについては、アンインストール時設定情報が初期化されます。

・ 命日和暦入力機能追加と制限

 

明治以前の命日入力の場合、和暦入力欄を用いて入力でるようになりました。(命日欄の入力では明治以前の年号付和暦入力が出来ません。)
和暦の年号を日本語で入力してください。自動的に年号の開始年月日が西暦で表示されます。続けて和暦の年月日を入力します。和暦年月日が年号の期間外の場合にはエラー表示されます。システムとしては大化の年号まで用意しましたが、Windows(正確にはデータベース)の制限から、西暦1753年(宝暦3年)1月1日以前の日付には対応していません。
尚、明治以前の年号入力されたデータは一部を除き西暦表示となります。

・ 不具合速報

 

アドビ社が提供しているPDFリーダーをインストールしていない環境では画面・帳票等の計算フィールドが#エラー表示になるという問題を確認しました。
この問題の解消には、PDFリーダーのインストールが必要です。当サイトが提供するフルパッケージにはPDFリーダーが含まれている為、インストール失敗がなければこの問題は発生しません。

・ Windows7 64bit対応

 

Windows7の64bit版において、インストールした菩提樹の画面の一部のフィールドが表示されない、また同様にレポートに埋め込まれた関数が結果を返さないという問題を確認しました。
これらの問題はWindows8および、Windows8.1においても発生する場合があります。原因は、Microsoftから提供される一部のシステムプログラムのヴァージョン違いに原因があると考えられています。
対策としてAccess2007のRuntimeの他にAccess2010のRuntaime(共に無償)をインストールしてください。 リンク先のページでは、それらの入手先などについて説明しています。

・ Windows8.1対応状況

 

Windows 8.1 With Update(64bit版)を対象とした動作検証を実施しました。Windows8.1においても菩提樹は問題なく動作します。ただし購入直後の状態のWindows8.1ではエラーが発生するケースも確認しました。この現象に対する対策手続きを確認しましたのでリンク先のページにて説明します。

・ ネットワーク接続手順①(ファイアーウォールの設定)

 

菩提樹を複数台のPCで同時に利用する場合に、Windowsが外部からの不正背侵入を防止する為に提供している仕組み(ファイアーウォール)をどのように設定すれば良いかについて説明しています。

・ ネットワーク接続手順②(データベースサービスの設定)

 

菩提樹のデータベースを共有し複数台のPCで利用する場合に必要となるデータベースの設定方法を説明します。

・ データベースの持ち出し運用方法①(バックアップフォルダの共有設定)

 

ノートパソコンやタブレットPC(Windows8.1Pro限定)にデータベースをコピーして携帯する方法に関しての機能設定について説明します。

・ データベースの持ち出し運用方法②(菩提樹バージョン1.66接続切り替えツール)

 

菩提樹のネットワーク利用や持出し利用に際して活用する「接続切り替えツール」について説明します。

・ 菩提樹最新版ダウンロード(菩提樹モジュールのみ) Download

 

Version1.68を公開しました。菩提樹モジュールのみ(アプリケーション・パッケージ)提供しています。

ダウンロードページのフル・パッケージ(Version1.68)に含まれるモジュールと同一バージョンです。SQL Server環境が設定されていない場合、フルパッケージのインストールを行ってください。

・ その他のお知らせ

 

● 菩提樹のインストール操作、基本操作等に関しては資料ページをご覧ください。

● お手伝いが必要な場合にはメール等でお問い合わせください。

● 菩提樹は無償のアプリケーションですが、PC等にインストールして販売される場合には必ず当方に連絡の上で実施してください。基本的には許諾しています。

第三者がお寺さんの依頼で代理インストールする事は禁止していませんが、インストールする場合にも、状況把握の為に連絡いただければ助かります。

● 直接・間接を問わず菩提樹を有償販売してはいけません。よろしくお願いします。


■ 菩提樹の基本機能

現在帳、過去帳

檀家様、仏様の情報を一括して管理できます。

年回忌一覧、年回忌通知

檀家様に、仏様のご供養のお知らせをするお手紙を作成します。

中陰表、年回忌表、新盆表

仏様のご供養の日程をお知らせする、中陰表・年回忌表を作成します。

宛名印刷

タックシール、ハガキ、封筒に宛名を印刷できます。

護寺会費の出納管理

護持会費などの会費の出納を、年毎に管理できます。

各種印刷物の変換

各種印刷物はEXCELシートに変換して加工できます。

墓地配置図の管理

ビットマップ形式等の墓地図が有る場合、それを利用して檀家毎にお墓の位置を管理できます。(墓地図はペイントブラシなど他のソフトをご利用ください)

【菩提樹の動作環境および利用サービスプログラム】

 オペレーティングシステム

WindowsXP、WindowsVista、Windows7

 DATEBASE

Microsoft SQL Server R2 Express Edition(無償版)

 ACCESS

Access Runtime2007(無償版)

 PDF

ADOBE Reader XI(無償版)

ハードウェアについては、上記オペレーティングシステムが稼働するものであれば動作しますが、ハードウェアの様式、容量により動作環境は異なります。

菩提樹は印刷およびプレビュー表示にACCESSおよびADABE Readerを利用しますが、これらは製品版である必要はありません。

菩提樹とは  名簿のデータベース化 運用支援 資料  ダウンロード  特徴的な機能  導入価格

足利のお寺  足利氏の歴史  あしかが応援サイト  HOME  会社概要  E-mail:brainnet@bnet.co.jp 

ページトップへ

Copyright © BrainNET. All Rights Reserved.